新車導入に向けて…?

鉄道に限らず新しいモノを導入する前に、試験することはよくありますよね。

 

2020年に登場したE235系1000番台とE131系。これらの先頭車の電気連結器(電連)は、それまで首都圏のJR車の主流だった1段ではなく2段のものが搭載されています。これも事前に試験とみられる動きがありました。

 

2017年8月頃、京葉線E233系のうち、554+F54編成(分割編成)の電連が、1段のものから2段へと交換されました。

f:id:Miyakono:20210910152843j:image


f:id:Miyakono:20210910152845j:image

電連に合わせ、電連下のスカートも薄いものに交換されました。

 

工場へ入場する動きは無かったため、京葉区で交換されたと思われます。

しばらく2段で普通に運用された後、2018年5月に1段に戻された上検査入場。検査から出てきたら再び2段式に交換され運用に復帰し、2018年秋〜冬頃に元に戻りました。

 

当初は換装目的が不明でしたが、2018年9月に総武快速線E235系の投入が発表。車両のイメージイラストの電連が2段で描かれていたことから、このための試験じゃん!ということになります。E235系で採用するにあたって、事前の試験に抜擢されたのでしょう。

 

ではなぜここだったのか?

あくまで推測ですが、連結器の試験であるため同じ相手と連結する必要があり、それを満たすのは京葉線のここと中央線のH編成くらいで、たまたま?京葉線になった、というのが考えられます。

ちなみに実際に分割するのは、京葉線が4本(*51〜*54)中1運用、中央線が17本(H43〜H59)中4運用と、どちらもほぼ同じ頻度といえるでしょう。(もし違いがあるなら、なるべく多く分併される方を選んだ、もしくはトラブルに備えて少ない方にしたといえるでしょうが…)

 

E233系での試験を終え2020年。総武快速線E235系が、同じような2段の電連を装備し出てきました。ほぼ同時期に登場したE131系も同じ2段の電連を装備していて、今後の新車の標準になるでしょう。 

f:id:Miyakono:20210910230340j:image
f:id:Miyakono:20210910230333j:image

(どちらも営業開始してからあまり撮ってない…)

 

2段電連のE233系、もう一度見たいなぁ

 

 

【参考文献】

・4号者の5号車寄り『ケヨ554+F54編成の電連が二段形に』

https://4gousya.net/forums/post/%e3%82%b1%e3%83%a8554%ef%bc%8bf54%e7%b7%a8%e6%88%90%e3%81%ae%e9%9b%bb%e9%80%a3%e3%81%8c%e4%ba%8c%e6%ae%b5%e5%bd%a2%e3%81%ab

・中央線・青梅線E233系運用情報 https://loo-ool.com/rail/c/32/ 

・ぼくの記憶

 

続・伊豆急に行った209系

今回はこちらの続きを

https://library600m.hatenablog.jp/entry/2021/07/18/074651

 

7月6日に伊豆急に譲渡された209系。

7月下旬に伊豆高原へ現物を見に行ってきました。

f:id:Miyakono:20210724213208j:image

(当然ですが)何も変わらず、甲種輸送された時のままでした。

秋までに2編成譲渡、来年(2021年)春運転開始とのことです。

f:id:Miyakono:20210724213202j:image

定期運用では顔を合わせることのなかったサフィール踊り子と毎日のようにご対面。

 

甲種輸送された時は自動連結器に交換されていましたが、伊豆高原で元の密着連結器+電気連結器に戻されたようです。(電気連結器は使われるのか…??)

 

さて、この伊豆高原に行くまでは普通に電車で行きました。

f:id:Miyakono:20210724220139j:image

JR線内を(元)東急の車両が走っていることで有名な伊東線

行きは熱海発伊東行きというJR完結運用に乗車。半蔵門線によくある東武車の押上行きみたいだなぁ

 

wikiを見てると"JR線を走る車両で唯一のT字ハンドル車"との記述があり、りんかい線(209系相当)や相鉄(E233系相当)など他のJR乗り入れと車両とは異なり完全に"他社"の車両です。

近年の合理化大好きな姿勢からすると、JR車そのものを入れて変わり者を追い出したい、という意図でもあるのでしょうか。知らんけど

とはいえ、今回の2編成だけではJR乗り入れの完全置き換えはできませんが…

 

某千葉の私鉄のように"運用に余裕を持たせ古い車両を安定して動かすため"とかですかね??

 

f:id:Miyakono:20210727234729j:image

なにか変化が起きたらまた行こうかな。遠いけど

 

※これを書いたのは8月上旬で、1ヶ月くらい寝かせていました。あれから下田に疎開されたり、戻ってきたと思ったら4両にされたりと徐々に動きがあるようです。

伊豆急に行った209系

7月6日、かねてよりSNS上で噂されていた209系の伊豆急譲渡が現実となりました。 

f:id:Miyakono:20210707215849j:image 朝7時、10年あまり暮らしてきた幕張車両センターを出る甲種輸送

f:id:Miyakono:20210707220119j:image自動連結器に交換された、反射板が取り付けられた姿

 

朝7時過ぎにEF210-140牽引で幕張を出発、朝ラッシュ時間帯は蘇我で留置、その後9時半過ぎにEF65-2088牽引で京葉線武蔵野線→横浜羽沢、羽沢で数時間止まった後深夜に東海道線伊東線で伊東へ行き、伊東からは自走で伊豆高原に行ったようです。

 

出発直前の幕張では列停が扱われ、一時騒然としていました。

f:id:Miyakono:20210707220334j:image 幕張駅を出発する甲種輸送。隣のE235系はエアセクションに止まってしまいパンタを下げている。

f:id:Miyakono:20210713194921j:image

蘇我では貨物線に入線。ジャカルタ配給を思い出す…

房総209が蘇我駅の貨物線に入ったのは初めて?

f:id:Miyakono:20210713195406j:image

千葉モノレールと顔合わせもこれが最後f:id:Miyakono:20210713195457j:image

京葉線らしいスラブ軌道を行く…

 

さて、今回配給されたのはC609編成で、3月のダイヤ改正で余剰となり運用離脱していた編成でした。これまでの動きはこちらの記事を↓

https://library600m.hatenablog.jp/entry/2021/06/25/233724 

伊豆急には2編成譲渡される、という報道が出たため、もう1編成の譲渡が確実となりました。

その"もう1編成"は何なのか?というと、長らく運用を離脱し習志野区に疎開されているC601編成と思われます。

f:id:Miyakono:20210713194658j:image

この編成は6両の中でも飛び抜けて前回検査が遠く(=次の検査が迫っている)、早くからE131系と引き換えに離脱が予想されていました。

仮に廃車予定であるならば、5月の廃車ラッシュに続いて長野に送られているのが自然ですが、(長野での解体の手が空いている中で)わざわざ残していることを踏まえると、このC601編成が譲渡される可能性が高いでしょう。(ここまで自信満々に言って違ってたら恥ずかしい😖)

 

もう一本離脱していた編成に、C619編成があります。こちらはダイヤ改正以降どこかで習志野疎開、その後C601編成と入れ替えで幕張に帰還、6月中旬に復帰しました。

仮にこの編成が譲渡なら、先述のC601編成を残しておいた理由が消えてしまうわけで、この編成は譲渡されずに残留とみられます。

 

報道では"秋頃までに譲渡"とあり、次回の甲種輸送は9〜10月頃でしょうか。

どんな姿になるのか楽しみですね。

房総からの千葉みなと行き

最近開設された、いろいろ知見を紹介するフォーラムサイトに触発(?)されて少しお話を…

 

【千葉みなとの「折15」停止位置目標】

f:id:Miyakono:20210704231047j:image

京葉線千葉みなと駅には中線があり、優等列車の待避や異常時の折り返しなどに使われていますが、ここには折15 E217系」と書かれた停止位置目標があります。

千葉みなとに限らず、京葉線各駅のホーム有効長は10両のため客扱いは不可能で、「折」の表記より折り返し用とみられます。

ホームの端ではなく中途半端な位置に設置されているのは、編成の後端が蘇我寄り出発信号の近くに来るようにするためでしょうか。(蘇我寄りの出発信号までは距離があり、15両がちょうど入りそうな感じです)

同じように「折11」も設置されています。

 

【209系・211系の幕】

幕張区に所属し房総ローカルに使われている(た)209系・211系の行先表示には、定期運用で存在しない「蘇我」「千葉みなと」が収録されています。また総武快速E235系にも、E217系に無かった「蘇我」表示が収録されています。

 

【千葉みなと折り返し】

この2つを踏まえると、異常時に内房線外房線からの千葉みなと折り返し(ホーム長さ上客扱いできない総武快速蘇我止まりにして回送扱い)が計画されていた、ということが考えられます。

 

現状、蘇我〜千葉間で輸送障害が起きた時は短くとも千葉〜姉ヶ崎/誉田で見合わせ、止まってなくともダイヤ乱れ時には千葉駅のホームが溢れてしまい、ホームに入れない列車が並行する京成線の千葉中央駅付近で足止めを喰らうことがよくあります。

このような場合に京葉線へ流し千葉みなと折り返しができれば、スムーズな折り返しや蘇我までの輸送の確保が期待できますが、実際そのような運用はされていません。

京葉線が乱れた際、房総方面から京葉快速の千葉乗り入れ・折り返しは実施されているので、その逆もできないことは無さそうですが…乗務員や振替輸送の都合など、大人の事情があるのでしょうか。

 

209系の「蘇我」「千葉みなと」表示も、もはやイベントのネタ用になっています。いつの日かこれが実際に使われるようになったら、利用客としてもありがたいのですが…

 

【おまけ】
f:id:Miyakono:20210704231038j:image

2015年春、ドアステッカーが外貼り→内貼りになる過渡期に見られたステッカーが無い状態

 

f:id:Miyakono:20210704231043j:image

この時はE331系の形見が残っていました。後に改良形点字ブロックに交換された際剥がされたのか、現在では見かけなくなってしまいました。

余剰?209系の動き

このブログで何回か話してた通り、2021年3月改正において房総各線、特に内房線外房線の運用が大きく変わり、幕張区の209系のうち6両編成にそれなりの余剰が発生しました。

 

そのうち、4両化で余ったモハユニットを挟んだ3編成30両が長野に送られ早々と解体されてしまいましたが、某雑誌に「40〜50両淘汰される」との記述があり、この通りなら2,3編成が淘汰されることになります。

今回は、その"さらに淘汰されそうな編成"の動きをまとめます。

 

【C601編成】

他の編成より飛び抜けて検査期限が近く、廃車が有力視されていました。

ダイヤ改正後しばらく運用に入っていましたが、いつのまにか離脱し幕張区の津田沼寄りにしばらく放置、5月26日に後述のC619編成と入れ替わりで習志野電車区疎開され、現在(6月下旬)に至っています。

f:id:Miyakono:20210625232107j:image
クハ208のガラスフィルムが緑色がチャーミングな同編成。残ってほしかった。

 

【C609編成】

詳しい離脱時期は不明ですが、C601編成と並んで幕張区の幕張本郷駅からよく見えるところに留置されていました。

f:id:Miyakono:20210625193308j:image

編成は異なりますがこの線に留置されていました。

この留置線、写真のように離脱している編成の置き場として使われることもあれば、普通に使う編成が置かれることもあり、必ずしも離脱した、とは言えないところです。

 

このまま👋かなー?と思われていましたが、5月下旬に突如復帰

f:id:Miyakono:20210625194510j:image

したものの長くは続かず、現在は離脱し幕張区に留置されています。

 

【C619編成】

この編成は、いつの間にか習志野電車区疎開されていました。(SNS上の目撃によると3月下旬〜4月頭のようです)

C601同様このまま廃車かな?と思われていましたが、5月26日に先述のC601編成と入れ替わりで幕張に戻り、6月14日の夜から運用に復帰しました。

復帰が長く続かなかったC609編成と異なり、東金ループ→北総巡業→東金ループ(2回目)と継続して運用に入っていて、執筆日現在(6月25日)も元気に?走っています。

なおこの文(の一部)はC619編成の車内で書いているとか。ちょうど来たもんで…

f:id:Miyakono:20210625195638j:image

数年前の台風の時、倒竹にぶつかった時のヘコみが特徴的な編成

 

【怪しい噂】

SNS上で話題になっていた、伊豆急に行くというウワサ

本当かは分かりませんが、もし実現したらどうなるのでしょうか。楽しみですね。

個人的には「甲種輸送」を見てみたいなと。

現地での使われ方(8000系の一部置き換えなのか、リゾート列車になるのか?)も気になるところです。

 

どうなるのでしょうかね

房総209の転機【予想編】

E131系が投入され、少数ながら209系の置き換えと輸送量適正化が実施された房総各線。

f:id:Miyakono:20210531144848j:image

近い将来やってくる、209系の置き換えについて予想してみました。あくまでも個人の予想なのでそこのところは✋

 

今回は各線を、

の4つに分けて考察します。

 

① 末端区間 

内房線木更津〜安房鴨川、外房線安房鴨川〜上総一ノ宮、鹿島線

f:id:Miyakono:20210531074217j:image E131系の営業運転の写真、こんなのしかありません…

2021年3月改正でE131系が入った区間は、当面このままでしょう。

通学時間帯などに輸送力不足があると判断された場合、次回ダイヤ改正E131系の若干の増備や209系運用の追加があるかもしれません。

これは遠い将来の話ですが、E131系が寿命を迎える頃には路線の存続の話が出てきそうな。

 

内房外房線千葉近郊

内房線千葉〜君津、外房線千葉〜上総一ノ宮)

 

今回ほとんどの運用が8両となりました。

これは将来の置き換え車両を8両固定編成した上でワンマン化されるのでは、という見方があります。

現在の4両同士の併結ではなく8両固定にする理由としては、ワンマン運転にあたっての貫通路の必要性が挙げられるでしょう。

仮にE233系など既存車両の転入の場合、非貫通構造のため最後部に車掌のいないワンマン運転では、万一の際に乗務員が後ろ4両に車内からアクセスできなくなってしまいます。

それを避けるため8両固定にする…という理由が考えられます。

(この縛りのため、常磐快速線でのE231系の5+5+5が出来ないという噂を耳にしたことがありますが、他社で非貫通型4+4+4という例があり、この縛りが本当かは定かではありません。)

 

以前、総武快速線系統へのE235系の導入が完了した後、京浜東北線横浜線にワンマン化を兼ねて新車が導入されるという報道がありました。

これが現実になった場合、捻出された横浜線E233系8両でワンマン化改造・機器更新の上幕張へ転属することが妥当でしょうか。

同時に武蔵野線の209-500系の取り替えがあることを考慮すると、28編成中11編成が武蔵野線へ、残りの17編成が幕張に来ると予想されます。

現状は16運用程度であり、だいたい数が合いますね。

 

 

東金線

今回のダイヤ改正で、209系運用は全て6両になりました。

f:id:Miyakono:20210531085729j:image 

時間帯によっては4両で十分でしたが、4両ではかなり混雑する外房線内の対策や、千葉近郊の8両化と合わせて車両編成の単純化が狙いとみられます。

東金線の置き換えについては、現状の"外房線経由の千葉直通"を維持するか否かによって揺れるでしょう。

 

現状を維持するなら、6両編成が必要になります。先述のE235系京浜東北線投入で出てきたE233系を6両化・ワンマン対応の上転属が有力と思われます。

外房線との直通を取りやめ、線内往復を主体とするのであればE131系などで2〜4両の短編成にできますが、末端と異なり千葉近郊圏であることを踏まえると現状維持が有力でしょうか。

(自分もそうですが)東金〜千葉の流れはそこそこあるため、車両の都合で直通をぶった切るという悪行はしないでしょう。しないでね❤️

 

同じような輸送規模の総武本線と直通運転する可能性もありますが、遠回りになってしまい対千葉輸送でバスに塩を送ることになりかねません。

 

④ 北総系統

(成田〜我孫子を除く成田線総武本線千葉〜銚子)

f:id:Miyakono:20210531085852j:image

成田線は成田で運転系統が分離されていて、千葉方面〜成田/成田空港と、成田〜銚子に分かれています。

総武本線は、主に千葉〜銚子の通し運転のほか千葉〜成東の区間列車が運転されていますが、209系置き換え・ワンマン運転拡大と同時に成東あたりで分離するでしょう。(留置線や運転区がある佐倉の方が分離駅に向いていますが、千葉方面への乗客がそこそこいる八街を考慮し、今回は成東としました。)

 

根拠はありませんが、ここは

  • 千葉〜成田・成東の普通列車E233系6両、朝夕は(内房外房線用と同じ)8両?
  • 成田/成東〜銚子はE131系2両を増備の上4,6両程度(朝夕は千葉方面との6,8両の直通もあり)

と予想します。

朝夕のラッシュ時は8両が必要とされますが、これは先述の8両固定編成を呼べばOK。

ただし、8両固定の場合は現在のように8両を日中は4両に分割して運転、という柔軟な運転ができなくなってしまい、効率が悪くなってしまう可能性も考えられます。

日中は4両と6両が混在していますが、東金線と共用できる6両に統一しそうです。

 

成田/成東〜銚子は、E131系2両を増備した上で、4両を組むと予想します。

もし2両で十分な状況なら今回E131系が導入されているはずで、そうならなかったということは少なくとも4両くらいは必要ということでしょう。

ここで4両固定とすると、幕張区では2両・4両・6両・8両を持つことになり、車両のやりくりが複雑になってしいます。

この問題を解決する上で、なるべくE233系を転用させ新製数を減らしたいのなら、4両を2両×2or3にするのが妥当でしょうか。

f:id:Miyakono:20210601003812j:image 運転範囲の拡大はあるのか?

 

ここまでをまとめると

となります。

 

もし京浜東北線横浜線への新車導入が中止となり、『地方線区の置き換えは新車を直接導入』という方針になった場合は、全てE131系になるでしょう。

2両のほか4両固定も登場し、連結して6,8両を組み房総各線の顔になる未来もあるかもしれません。

 

 

果たしてどちらに転がるのでしょうか。

帰ってきた4両編成

5月20日(木)、前日深夜に起きた車両故障の影響で東金線に209系の4両が帰ってきました。

f:id:Miyakono:20210525130218j:image 1639M 東金〜求名にて

209系の4両は3月のダイヤ改正東金線外房線千葉〜上総一ノ宮間から撤退しました。

今回は千葉駅で8両を分割し、本来8両の運用を4両、故障の穴埋めとして東金線にもう片方の4両が送り込まれたそうです。

どちらも朝ラッシュの混む列車が4両に減車となったため、混雑が激しかったでしょう。

 

9時過ぎに起きてTwitterを見たら代走の話が出ていたので急いで駅へ

f:id:Miyakono:20210525131037j:image
f:id:Miyakono:20210525131032j:image
f:id:Miyakono:20210525131027j:image 2021.05.20 1638M 東金にて

4+4両が走る外房線と違い、東金線からは4両編成自体が撤退したため2000番台は2ヶ月ぶりの入線。

また、線路設備モニタリング装置が搭載されてからマリC433編成が来るのはおそらく初めてです。

 

趣味的には面白い出来事といえますが、実際に利用する側からすると減車で迷惑だったでしょう。

f:id:Miyakono:20210525132335j:image 4両編成最終日 マリC404 東金にて  あれほど来てたのに、もう来なくなってしまいました

少しの間だけ懐かしい思いをさせていただきました。

 

寝坊してなきゃもうちょっと撮れたのになと後悔

規則正しい生活を心がけましょう。